海外「夢が現実に!」…大英博物館での漫画展「The Citi exhibition Manga」に海外が大注目(海外の反応)

イギリス・ロンドンの大英博物館で、日本のマンガ文化に注目した「The Citi exhibition Manga マンガ」が8月26日まで開催されています。

「ゴールデンカムイ」のヒロインが起用されているポスタービジュアルを目にした方も多いのではないでしょうか。

この展覧会は、国外で開催されるマンガの展覧会として最大規模となっていて、さらに会場は大英博物館の中でも最高の特別展示スペース「セインズベリー・エキシビションズ・ギャラリー」となっています。

これは日本文化に関する展示としても、存命の作家の作品展示としても初めての使用。まさに異例づくしです。

今回ご紹介する動画ではドラゴンボールの大ファンの男性が、展示のプレビューに招かれた際の様子を公開しています。

プレビューではまずピカチュウがお出迎え。かわいさをいっぱいに振りまいています。

展示会場では様々な作品の原画などを目にすることができ、男性も思わず目を輝かせています。

動画には海外の漫画ファンたちからの熱い反応が寄せられています。

以下、海外の反応を見ていきましょう。

おすすめの記事

海外の反応

・名無しさん@海外の反応
ピカチュウの中の人いい仕事してるなー。

 

・名無しさん@海外の反応
ピカチュウが踊るのに音楽は要らない!
ピカチュウが音楽なのだ!

 

・名無しさん@海外の反応
ピカチュウの中の人もまさか大英博物館でピカチュウとして踊ることになるとは思ってなかっただろうな。

 

・名無しさん@海外の反応
鳥山明はフランスでナイト爵を授けられたんだよ。すごいよなぁ。

・名無しさん@海外の反応
原画を見たいっていうドラゴンボールファンの夢が現実になってる!

 

・名無しさん@海外の反応
こんなに素晴らしい展示のプレビューに呼ばれるなんて羨ましい!絶対に見に行くよ

 

・名無しさん@海外の反応
東京のまんだらけには悟空やブルマやベジータやいろんなキャラのセル画が売ってるよ

 

おすすめの記事

 

・名無しさん@海外の反応
いつもは日本に対して言うんだけど、今回からはイギリスにも言うよ。「奴らはいつだって最高なものを手にしてる」

 

・名無しさん@海外の反応
もしこういうのに興味があるなら、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにある「エプコット」の日本館を訪れてみるといいよ。以前行ったときは、日本の伝統文化がモダンポップカルチャーに及ぼした影響についての展示をやっていてすごく興味深かった。

 

・名無しさん@海外の反応
三浦建太郎の作品が紹介されていたら見に行きたいな。特にベルセルクの原画とか。

 

・名無しさん@海外の反応
羨ましくなんてない羨ましくなんてない羨ましくなんてない羨ましくなんてない羨ましくなんて……羨ましい……

 

・名無しさん@海外の反応
すごくいいね!大英博物館がこの展示を企画してくれたことに感謝。

 

・名無しさん@海外の反応
漫画を本当に愛してる人がこんなふうに紹介してくれるのを見るのは楽しいね。

 

・名無しさん@海外の反応
ぜひ直に見たい展示だね!

 

・名無しさん@海外の反応
大英博物館が大衆にむけて漫画の展示を開催するということは、漫画はアートとして認められているってことだよね。人間の内面を表現する方法の一つだよ

 

おすすめの記事

 

・名無しさん@海外の反応
ちょうど8月にアビーロード50周年のために初めてロンドンに行く予定だったんだけど、この動画で展示について知れてよかった!鳥山明の原画を直に見られる機会を逃すわけにはいかないよ!

・名無しさん@海外の反応
漫画が博物館に展示されるなんて初めて聞いたよ!

 

・名無しさん@海外の反応
博物館って気が狂うほど退屈だけど、これは楽しそう。

 

・名無しさん@海外の反応
ついに漫画という文化にふさわしい展示が開催されたね。自分は高校時代に漫画をテーマにアートプロジェクトに取り組んだんだ。世間の「ファインアート」という言葉の定義を変えたかった。漫画も自分の感じていることを表現し認められるための方法の一つなんだ。

 

・名無しさん@海外の反応
漫画がもっと外国人にとって身近だったら、もっとのめり込めるのにな~。

 

画像・映像・翻訳引用元:youtube

 

1 個のコメント

  • これはもういっそマンガ見れるのは日本人限定にすりゃいいんじゃね?
    世界でマンガ禁止すりゃいいんだよ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA