優しすぎるだろ…!ぺこぱの “否定しない”優しいツッコミが生まれた理由とは?

ぺこぱの “否定しない”優しいツッコミが生まれた理由

相手を否定しない“優しいツッコミ”が今大人気のぺこぱ。

審査委員長の松本人志さんが「過去最高と言ってもいいかもしれませんね。数年前なら誰が出ても優勝してたんじゃないかなというレベルの高さでした」と評した今回の2019年のM-1グランプリで栄えある『3位』になったことで今や話題騒然です。

その否定しない優しいツッコミが生まれた理由について、松陰寺さんがこうコメントしました。

電話取材に応じた松陰寺は「面白い漫才を作ることだけを考えていて、成り行きでなった漫才だけど、みんなを優しさで包むことができて本当に良かったと思っている。始めたきっかけは、相方に『おかしいだろ』ってツッコむとすごく寂しそうな顔をしていたから」と明かす。

(yahooニュース 12/23(月)配信分より)

否定しない優しいツッコミは松陰寺さんが相方のしゅうぺいさんを悲しませたくない想いから生まれたものだったんですね!!

管理人
きっかけにも優しさが溢れていますね!

このニュースのコメントを少しまとめてみました。

 

ぺこぱニュース 世間の反応

名無しさん
間違いはふるさと、誰にでもある
知識は水、独占してはいけない

ここら辺で笑った。
ナルシストキャラはすでにお笑いにいるけれど、こういうタイプの人はいなかった。
もう少し売れてほしいと思う。

 

名無しさん
時を戻そう

が聞くたびにじわじわ来るようになった

 

名無しさん
個人的には決勝のネタでの宇宙人のくだりが忘れられない…

 

名無しさん
俺はナスのヘタで笑った

 

名無しさん
自虐的突っ込みを、数ある「キャラ」のなかでも、ナルシストキャラでやるところが、なんだかシュールと思った。

多分、思ってるよりも本当にギリギリな精神状態でやってると思う。

 

名無しさん
巨人さんのコメントが良いね。ちゃんと今までぺこぱがやってきたスタイルを理解した上でコメントしてる。いつもながら本当によく見てると思う。

 

名無しさん
決勝のネタだけなら、この人たちが一番だと思いました。

特に、ツッコミの人が気になって仕方ありません。

来年以降に残っていくのは、ぺこぱだと思います。

 

名無しさん
面白いしたたいたり罵ったりとかがないので安心して見ていられる。

記事の中で子供たちの教育の見本的なことが説明されていたが、

確かに他人を責めない優しさがある、

ボケの内容も親しみがあってよかった

 

名無しさん
賛否両論はあるとは思うが…

来年、今年のM1出場者の中で一番ブレイクするのは…

ペコパだと思う。

 

名無しさん
今年の初めごろ、何かの番組で着物着て出てた時はこんなにキレキレじゃなかった気がする

この一年でツッコミ?のほうが腕を上げたなぁと思った

当初から相方の人がガチで空気読まない、不思議な人っぽいのが伝わってきて一人で全部拾って処理してあげてるうちに筋力ついたんだろうなぁと察した

ミルクボーイ、ずば抜けて面白かったので優勝したのは全く納得なんだけど、世知辛い時代だから、ぺこぱの優しいツッコミが刺さったというか、一番印象に残ってる

 

名無しさん
私も最初苦手なキャラかと思ったら、どんどん好きになっちゃった!

突っ込まずの方、声がすごくいいですよね!自己紹介であれだけ激しく動いて全く声が乱れず、びっくりしました。
これからもやさしい漫才楽しみにしてます!

個人的には優勝でした!

 

-ぺこぱのニュース

Copyright© シンプルレター , 2020 All Rights Reserved.